24回目 💛ゴールまで導いてくれてありがとう💛! ワンストップゴルフ住之江校 ゆきさん

いよいよ、今日はラストレッスンとなりました。

非常にラッキーなことに、今日も田中コーチと1:1のプライベートレッスンとなりました!

 座学:

ダブルぺリア方式を教えてもらいました。

私にとって、ちょっと複雑な仕組みですが、「自分の腕前+運次第で誰でも優勝を狙える」ということが分かったので、これからコンペ出場した際に、表彰式の順位発表が楽しくなると思います((^^♪)。

 実技:

最後のレッスンということで、先生は時間をかけて丁寧に私の弱いところをもう一度洗い直してくれました。

横振りが大分安定してきたようで、球もすごくきれいに飛ばせるようになったが、まだ体の捻転が足りないとか、ついついボールに集中過ぎて手打ちになるとか、右脇が甘いなどなど、自覚のある欠点がまだいっぱいあります。

でも、確実に進歩した実感がありますよ!

半年間の間に、いろいろ教えてくださいましたが、私の要領があんまりよろしくないので、田中コーチに随分苦労を掛けたと思います。

さらに、ゴルフのみではなく、テーピングの仕方を教えてくださり、超音波治療ができる整骨院を代わりに調べてくださるなど、田中コーチは大変親切にしてくださいました。

感謝!感謝!本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

去年の8月からレッスンを始めて、途中、手首の怪我で一か月ほど休ませて頂いて、自分は本当に最後まで頑張れるかと悩んだ時もあったが、今日をもって「24回のレッスンを全部出席した!」と満面の笑みで言えるようになりました((∩´∀)∩

レッスンの最後に、田中コーチから華麗なAIR SHOT(片手でリフティングした直後にボールを打つ)を披露してくださいました!この予期せぬ生演出に大興奮でした!!!(✌✌

追記:後日に24回モニターレッスンが無事終了を記念するために、ジャパンエースゴルフクラブでラウンドしました。冷たい雨の中、前半は58、後半は49でした。非常に習った甲斐がありました♡

////////////////////////////////////////////////////

ワンストップゴルフアカデミーのホームページ

WEBSITE

初回無料体験のお申込み(電話)

℡ 050-5213-3215

初回無料体験のお申込み(LINE@)

LINE@でお申し込み

23回目 テーマ:美しいフィニッシュをしましょう! ワンストップゴルフ住之江校 ゆきさん

前回のレッスンが終わった後、ドライバーの試打をやってみました。
ゼクシオを愛用している友人が多いので、とりあえず1階にあるゴルフパートナーでゼクシオ、そしてミズノのドライバーを試打する申し込みをしました。
3階の練習スペースに戻って、自分の使い古したドライバーよりはるかに軽く感じるゼクシオを振ってみました。
しかし、なかなか当たりません(;_;)/~~~。
ミズノの方もイマイチって感じがしました。
レッスン中に結構体力を使ったし、サバゲ―の疲れもまだ残っており、これ以上振る気力が残ってなかったようです。
20球ぐらいしか試打してなっかたですが、あっさりと諦めて帰りました。

そして、今日は田中コーチに「試打はどうだった?」と聞かれたので、「どれもあたりが全然ダメでした。」と答えたら、「それは、ドライバーがダメのか、腕がダメのか?どちらかなあ~?」ととどめを刺されました。
まだ自分のクラブさえ思うように扱えないので、言うまでもなく私の腕に問題があるでしょう?
(*´▽`*)素直に苦笑いしましたわ!

気持ちを切り替えて、いつものようにピッチングの練習から始まりました。
最初は、重心の置き方、クリップを握る時の力加減や、腰の落とし方に気を遣うようにしました。特にピッチングの練習中に左重心と左足下がりの構えで、身体の捻転がより自然にできたことに気付きました。ボールの芯に当たって、軽快に振り抜けた感じが表現しきれない達成感が湧いてきます。
ドライバーの「横振り」もだいぶ定型化できるようになりました。
今日は初春並みの好天気で、ボールが青空に向かって飛んで行くのを眺めると結構いい気分になります。しかし、ドライバーの飛距離はほとんど伸びていません。
田中コーチは私がフォローした後に、背後に来てぐっとドライバーを頭の真後ろに引っ張るようにして止めてくれました。
その状態でまず私の開き気味の左肘の角度、そして右肘の角度を調整してくれました。
捻転が十分にできない状態で手首を使ってフェースを返す動作も完全に出来てないままに、左肘は曲がってしまうだけではなく、右肘の角度も開いてしまったのです。
さらに、左の胸を開くような意識をして、おへそがターゲットに向くように、体の向きも直してくれました。
「はい、綺麗です!このままでしばらくキープしてください。」と言われました。
肘の角度と体の向きを意識しながら、フィニッシュの構えのみを繰り返して練習してみました。
フィニッシュを意識しながらドライバーの練習を再開したら、振りやすい感じがしました。振りやすいということはフィニッシュを取りやすいということです。全体的に見れば、スウィングが安定するだけではなく、ヘッドスピードも上がって飛距離もアップします。

「終わり良ければすべて良し!」。
綺麗なフィニッシュを取ることだけを考えてプレーしてもいいかもしれませんね(*^_^*)。

////////////////////////////////////////////////////

ワンストップゴルフアカデミーのホームページ

WEBSITE

初回無料体験のお申込み(電話)

℡ 050-5213-3215

初回無料体験のお申込み(LINE@)

LINE@でお申し込み

22回目 テーマ:でんでん太鼓の真似 ワンストップゴルフ住之江校 ゆきさん

近況:

昨年中によく一緒にゴルフ女子会をやったメンバーたちは、寒さの中でゴルフをやりたくないけど、野外サバイバルゲームを経験してみませんか?という奇想天外の提案がありました。そして、あっという間に場所を貸し切って、日程も決められて、対戦相手の募集もバッチリ終了して、私も参加者リストに載せられました。
おかげさまで、この年で、私は人生初に戦闘迷彩服を身に纏って、BB弾が装填された「突撃銃」を抱えて、懸命に走ったり、撃ち合いしたり、撃たれて「痛い!痛い!」と連呼して退場したりなど、とてもエクサイティングな土曜日を過ごしました(^▽^😉。
しかし、一夜過ぎたら、筋肉痛は半端じゃない!!!
特に右側に銃の重さがかかったので、右半身が全部痛くて、階段の乗り降りはスローモーションアクションでしかできないです!

実技:

 筋肉痛のままに日曜日の昼レッスンへ出席しました。
田中コーチに「サバゲ―に行ってきました。」と言ったら、超~びっくりした表情が返ってきました。それはそうですよね。昨日の対戦相手は、全員20代から30代ぐらいの若い男性でした。私みたいな運動神経が2,3本も足りないアラフォーが、「サバゲ―?!?」だって?
その後、田中コーチが「いい具合に力が抜けて、うまくスウィングが出来ましたよ!」と笑いながら褒めてくれました。
なぜなら、右半身が半端じゃない筋肉痛のせいで、いつもの力任せの縦ぶりが出来なくなりました。
これは、意外な収穫です(*^▽^*)。

振り抜くことの大事さは、授業中にも相当言われました。
しかし、超真面目な私は、ボールを見ると反射的に「何とかしなくちゃ」と一点集中して、身体がガチガチになるのです。最大な悩みです。
さらに、田中コーチは手首の切り替えしをきちんとするように、捻転時に「でんでん太鼓」の動きの真似をしなさいと言われました。
でんでん太鼓の動きを真似してみました。「がっちん」と芯に当たった時の響きは非常に気持ちがいいもんですね(≧▽≦)✌
今回は、サバゲ―の筋肉痛のおかげで、「力を抜く」の神髄を味わうことができました。
しかし、ラウンドする前日に、どうやっていい具合に筋肉痛になれるかしら?新しい課題に。

////////////////////////////////////////////////////

ワンストップゴルフアカデミーのホームページ

WEBSITE

初回無料体験のお申込み(電話)

℡ 050-5213-3215

初回無料体験のお申込み(LINE@)

LINE@でお申し込み

21回目 テーマ:いよいよ終盤戦に入りました! ワンストップゴルフ住之江校 ゆきさん

近況:

去年から、体重がじわじわと増えました(´―)。在宅勤務の時間が長くなったため、腰痛も猫背もひどくなりました。それで、動とほぼ無縁な私は、ヨガマットを厚めのものに新調して、骨格矯正に効くストレッチ用ポールと筋膜リリースができると言われるフォームローラ―を買って、リビングでYouTubeのストレッチレッスンを見ながら、在宅運動を始めました。

さらに、運がいいことに、友人がドクターエアー3dスーパーブレードを譲ってくれました。乗っているだけで、ブルブル振動が全身に伝わり、テレビを見ながらも筋肉痛を感じられる気軽運動に大変感動しました✌✌

今年は体重ダウン、ゴルフスコアアップができるように、頑張りまーす!

実技:

今日も田中コーチと1:1のレッスンです!ラッキー(*^^*)

ラウンドする時に、ボールがカートにあった場合の道救済方法について、実況模擬レッスンをしてくれました。

まず、スタンスやスウィングから障害がなくなる地点、いわゆる完全な救済のニヤレスポイント基点にして、そしてⅠクラブレングス以内でホールに近付かない範囲を判断して「救済エリア」と決めます。救済エリア内に膝からボールをドロップして、同エリア内で止まってから、罰なしでプレーが続けられます。

私はどこが救済エリアになるか、最初は結構混乱していましたが、この模擬レッスンを通して、完全に身に付いたと思います。

 さて、ウォーミングアップのピッチング練習の後に、ドライバーの練習に入りました。

私は上から打ち込む癖が強すぎて、田中コーチから散々言われました。しかし、万年癖がなかなか直りません……私も自分に相当腹立ちますが。

「横から払うイメージの打ち方でお願いします!

と田中コーチの声が飛んできます。スタンス、足幅、ボールの位置、クリップの握り方なども一通りに再確認させられました。私は左側に置かれるボールを固く見すぎて、体の捻転が遅くなってしまう癖も指摘され、田中コーチが「少し意識して顔を右に向いたらどうですか?」と提案してくれました。これで、ヘッドスピードが上がって、ボールの芯に「カッチンー」と当たって、理想的なスウィングが出来ました👏👏

終盤戦に入りましたが、最後まで楽しくやりましょう(^^♪

////////////////////////////////////////////////////

ワンストップゴルフアカデミーのホームページ

WEBSITE

初回無料体験のお申込み(電話)

℡ 050-5213-3215

初回無料体験のお申込み(LINE@)

LINE@でお申し込み

20回目 テーマ:頭痛の種! ワンストップゴルフ住之江校 ゆきさん

座学:

田中コーチは「ご質問がありますか?」と投げてきました。
そういえば、ラウンドする際に、キャディさんの対応などについて分からないことが多かったので、遠慮なく色々と聞いてみました。さすがゴルフ場で何年間も経験を積んだ田中コーチ、裏話まで聞かせてもらって楽しかったです(^^♪)

実技:

今日はあいにくの雨。体感温度も上がらないから、上着を脱がずに練習に入りました。
最初はピッチングの練習でした。今日は先週の「良い加減」で振っているつもりですが、ヘッドが全く綺麗に抜けなくて、ピンチ(ToT)/~~~。
田中コーチは私にアドレスの時にフェースをスクエアに構えたら、向きを変えないままにバックスイングして、フォロースイングでも、ヘッドが腰の高さでクラブフェーズ向きをキープするようにと直してくれました。
私の場合、振り幅が小さくなると、その分下半身が回りにくくなって体重移動がおろそかになり、手打ちになってしまい悪い癖がすぐ出てくるので、下半身がリードしやすいオープンスタンスをとることを勧められました。「アプローチの基本は下半身で打つこと」とよく聞きます。つまり、手の力ではなく、しっかりと下半身を使って打つことができれば、トップなどのミスを無くすことが出来ます。
はい、しっかり覚えておきま~~~~~す!

その次は、7番ウッドの出番でした。
「擦れ擦れ練習」も「クリップの良い加減」も確認しながら練習しているつもりですが、なかなか芯に当たらなくて(-_-メ)。
最近の私は、どうしたかしら?
田中コーチに「どうしてそんな力いっぱいで握りますか?握らないと不安ですか?」と言われました。
焦ると、力で勝負したがるこの癖が!!!

後生大事にクリップを握り込む癖は、いつになったら、直せるでしょうか?
( `―´)ノ…頭痛の種です!
田中コーチもきっと、私の頭痛を移される時もあるでしょう……

////////////////////////////////////////////////////

ワンストップゴルフアカデミーのホームページ

WEBSITE

初回無料体験のお申込み(電話)

℡ 050-5213-3215

初回無料体験のお申込み(LINE@)

LINE@でお申し込み