1ページで分かる初心者専門のゴルフスクール

大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀・福岡の初心者専門&少人数制ゴルフスクール/レッスン/教室/堺市・河内長野市・富田林市・柏原市・和泉市・泉佐野市・大阪市大正区・住之江区・四條畷市・三田市・神戸市・須磨区・加古郡稲美町・加古川市・明石市・小野市・三木市・京都市・左京区・宝ヶ池・大津市・草津市・湖南市・山科区・奈良市・大和高田市・大和郡山市・生駒市・福岡市東区

初心者・未経験者・ビギナー専門のゴルフスクール/レッスン 初心者向けゴルフコンペ 当ゴルフスクールは実力に合わせて2つのコースをご用意しております! まずは無料体験レッスン!お申し込みはこちらからまずは無料体験レッスン!お申し込みはこちらから
2020/07/04(土)更新 公式ブログ初心者ゴルファーブログ ゴルフレッスンの体験談 ゴルフスクールの体験談 ゴルフレッスンの一言体験記
SNS情報
初心者のための
年間開催コンペ
各種イベント
●年間開催コンペ ●お昼ごはんイベント ●独身向けイベント
お知らせ
●90分の無料体験レッスン受付中! ●レッスンモニター、募集中! ●公式ブログ(随時更新) ●モニターブログ(随時更新) ●1ページ(漫画)でわかるOSGA
おすすめ書籍
ゴルフ場予約
●貴志川ゴルフ(スクール優待) ●アリジカントリー(スクール優待) ●GDO ●楽天GORA ●じゃらんゴルフ貴志川ゴルフ倶楽部スクール優待 楽天GORA GDOでゴルフ場予約
感染症対策など
●ゴルフ練習場での感染症対策 ●ゴルフコースでの感染症対策 ●スクール生の皆様へのご連絡
新規入会者の声
●新規入会者(堺・河内長野) ●新規入会者(富田林) ●新規入会者(泉佐野) ●新規入会者(大正) ●新規入会者(住之江) ●新規入会者(四條畷) ●新規入会者(阪奈生駒) ●新規入会者(三田) ●新規入会者(須磨) ●新規入会者(稲美) ●新規入会者(大津) ●新規入会者(湖南) ●新規入会者(大和高田) ●新規入会者(大和郡山) ●新規入会者(東福岡)
スクールの概要
●マンガでわかるスクール紹介 ●ワンストップゴルフの特徴 ●レッスンの流れ ●料金 ●コース概要 (はじめの第一歩) ●コース概要 (100&90切り) ●レッスン紹介(打ちっぱなし) ●レッスン紹介(ラウンドレッスン) ●レッスン紹介(教室での授業) ●スクール催し(年間開催コンペ) ●スクール催し(懇親会) ●スクール催し(甲斐俊光プロ) ●スクールに関するQ&A ●料金に関するQ&A ●先輩ゴルファーが答えるQ&A ●生徒様のラウンド事例① ●生徒様のラウンド事例②
各校のご紹介
●大阪・堺校 ●大阪・河内長野校 ●大阪・和泉校(準備中) ●大阪・富田林校 ●大阪・柏原校 ●大阪・泉佐野校 ●大阪・大正校 ●大阪・住之江校 ●大阪・四條畷校 ●大阪・阪奈生駒校 ●兵庫・三田校 ●兵庫・須磨校 ●兵庫・稲美校 ●京都・宝ヶ池校 ●京都・山科校 ●滋賀・大津校 ●滋賀・湖南校 ●奈良・大和高田校 ●奈良・大和郡山校 ●福岡・東福岡校
インストラクター
●インストラクター(堺/河内長野校) ●インストラクター(富田林) ●インストラクター(泉佐野) ●インストラクター(大正) ●インストラクター(住之江校) ●インストラクター(四條畷校) ●インストラクター(三田校) ●インストラクター(稲美/須磨校) ●インストラクター(大津校) ●インストラクター(宝ヶ池校) ●インストラクター(山科校) ●インストラクター(大和高田校) ●インストラクター(大和郡山校) ●インストラクター(東福岡校)
クラブ購入
●ワンストップゴルフ付属ショップ ●Amazon(初心者ストア) ●Amazon(中古ストア) ●ゴルフパートナー
提携施設
●泉北ゴルフセンター ●河内長野ゴルフセンター ●阪神ゴルフセンター大正店 ●阪神ゴルフセンター住之江店 ●忍ケ丘ゴルフセンター ●泉佐野スポーツクラブ ●貴志ロイヤルゴルフセンター ●阪奈ゴルフ練習場 ●トドロキゴルフセンター ●アーバンゴルフプラザ三田 ●いなみゴルフセンター ●菊水ゴルフクラブ ●白川ゴルフセンター ●石山ゴルフ練習場 ●宝ヶ池ゴルフクラブ ●トードーゴルフセンター ●よかわゴルフスクエアヴェルデ ●貴志川ゴルフ倶楽部 ●庄司ゴルフクラブ ●岩倉ゴルフ付属ショート ●京阪ゴルフ倶楽部 ●青谷ゴルフガーデン ●高田ビッグゴルフ ●名神ゴルフセンター ●ゴルフレンジカクショー ●その他・利用施設
ゴルフの基礎知識
●初心者の皆様へ ●打ちっ放し練習場について ●ショートコースを回る流れ ●ゴルフコースについて ●スコアアップのための基本について ●100切りを妨げる壁について ●14本のクラブセッティング ●ゴルフの便利グッズについて ●安全について ●ゴルフのルール(基本)について ●ゴルフのマナーについて ●ゴルフのエチケットについて
各種コンテンツ
●スクールの料金が安い理由 ●ゴルフがダイエットに効果的な理由 ●レッスンで使う器具 ●メディア掲載情報 ●各校の検索順位 ●シニア世代の皆様へ ●主婦の皆様へ ●提携ゴルフ練習場・募集中 ●室内練習場専用サイト ●室内練習場の概要 ●室内練習場の設備 ●室内練習場の工事過程
求人情報
●ゴルフインストラクター求人情報
事務局お問合せ
●お問合せ/ご相談フォーム ●追加レッスンの申込フォーム
開校予定
●和歌山・和歌山校 (開校予定) ●愛媛 ・松山校  (開講予定)●兵庫 ・三ノ宮校 (開校予定)●兵庫 ・三木校  (開校予定) ●徳島 ・鳴門校  (開校予定) ●大阪 ・東大阪校 (開校予定)
スマホ専用サイト
ワンストップゴルフアカデミーのスマホサイト
LINE
ライン公式アカウントでゴルフ体験レッスンのお申込み ゴルフスクールのQRコード
関連サイト
ゴルフ業界の求人情報サイト 全国のゴルフスクール紹介 大阪の全ゴルフ場紹介サイト 大阪のショートコース紹介 兵庫のショートコース紹介 奈良のショートコース紹介 京都のショートコース紹介 滋賀のショートコース紹介 和歌山のショートコース紹介 福岡のショートコース紹介 大阪のゴルフ練習場紹介 兵庫のゴルフ練習場紹介ゴルフインストラクター養成スクール 初心者ゴルファーのための基礎知識マンガでわかる!ワンストップゴルフスクール
チラシ

ゴルフを安全に楽しもう!

ゴルフはとても楽しいスポーツです。しかし近年、セルフプレーが増加するとともに、事故の件数も少し増えてきているのが実情です。そこで、このページでは皆様が事故に遭わないようにという想いを込めて、ゴルフを安全にプレーするための注意事項を記載させていただきました。ゴルフの事故は個々のちょっとした意識で未然に防ぐことが出来ます。ゴルフを安全に楽しむためにも、下記をご覧いただき、事故防止の意識を高めてまいりましょう!!

打球事故に気をつけよう!

●自分の打球を他者に当てないように

仲間や他のプレーヤー、ゴルフ場の関係者にボールを当てないように注意をいたしましょう。ボールを打つ際には、前方に人がいないかを確認し、しっかりと安全確認を行った上でショットをしていただければと思います。特に、初心者の皆様はボールが斜め前方に飛ぶことが多いため、正面だけでなく、斜め前方にも気を配りましょう!もし人がいる際には安全な場所に移動するように促していただければと思います 。

●他の競技者のボールに当たらないように
打球事故に気をつけよう!仲間がショットする際、正面や斜め前方に位置するのは避けましょう。”まさか”という場所にボールが飛ぶのがゴルフです。ですので、”絶対に安全”という場所で仲間のプレーを見るように徹底願います。また、初心者の方は意外と知らないことですが、ゴルフコースというのはいくつかのホールが隣接していることが多いです(例えば、1番ホールの真横に2番ホールがあったり等です)。このように、横に次のホールがあると、ボールが隣のホールから頻繁に飛んでくることがございます。ですので、隣接していて危険だと思われる際は、隣のホールから飛んでくるボールにも注意を払いましょう。 打つ方も周りをきちんと確認してプレーするべきですが、ラウンド中はゴルフ場を歩く全員が安全を意識し、打球事故が発生しないように努めましょう!

■ゴルフ場でのカート事故■

●転倒・転落・追突事故を起こさないように

大阪や和歌山など、山を切り開いたゴルフ場はアップダウンのあるホールや急カーブも多いので、カートの運転は注意しカートは安全運転!なくてはなりません。大してスピードが出ないから大丈夫と思っていても、下り坂でブレーキをかけなかったり、カーブを減速することなく曲がろうとすればカートごと転倒してしまう事が起こりかねません。また、脇見運転によって人をはねてしまったり、池への転落、木や前のカートへの追突など。事故の要素は公道を走る自動車とさほど変わりないと言ってもいいくらいあるのです。ぜひ、カートを運転する際は、慌てず安全運転を徹底していただければと思います。
※法律ではありませんが、基本的にゴルフ場のカートは運転免許を持っている人が運転することになっておりますので、ここも守っていただければと思います。
※飲酒運転も控えるようにして下さいね。


■ゴルフ場での悪天候■

●落雷に気をつけよう

避雷舎ゴルフでは毎年のように落雷事故が報告されています。まだ遠くで鳴っていると思っている雷は、急に自分の真上に来ていることがございます。ですので、雷鳴が聞こえましたら、”まだ遠いから”と油断せず、早い段階でプレーを中断・避難していただければと思います。
避難箇所は、クラブハウス・売店・避雷小屋などがオススメです。もし、周囲に何もなければバンカーの中にうずくまるのもオススメです。
※雷は高いところに落ちますので、高い木の下で雨宿りすることは避けましょう。


●雨や雪に気をつけよう

雨や雪に気をつけよう!ゴルフというスポーツは、多少の雨や雪でもプレーをすることが出来ます。 ただ、そういった天気の日は、晴れの日とは違った事故が起こることがございますので注意が必要です。
まずは、芝が滑ることで起こる転倒事故です。芝は表面が濡れると滑りやすくなる傾向があります。普段は大丈夫と思っていても、思いの外滑って転ぶことがありますので、ぜひ注意をしていただければと思います。
※雨や雪に備え、ゴルフバックにはレインウエアを入れておきましょう。


●濃霧に気をつけよう

ゴルフ場は山の中にありますので、街よりも霧が出やすい環境になっております。霧が発生すると前後が見えなくなり、事故が起こる確率が高まります。前の組が近くにいるのにボールを打ってしまい当ててしまったり、後ろの組がボールを打ち、当てられてしまったり。。また、カート道が見えにくくなるためのカート事故も起こりやすくなると言えます。
霧が出てきた際は、前後のプレーヤーへの意識を高め、トラブルが起こらないように気をつけていただければと思います。

■ゴルフ場でのその他のトラブル■

●熱中症&脱水症状に気をつけよう

夏場のゴルフでは熱中症には気をつけよう夏のケースが大半ですが、気温が高い際は熱中症に気をつけましょう。ゴルフというスポーツはそれほど激しい運動というわけではありませんが、炎天下で汗をかきながら行うスポーツであることは否めません。人の体というのは、水分補給をしないまま一定上の汗をかくと身体機能が失われ、ひどい際は意識を失ってしまうこともございます。また、帽子をかぶらず直射日光を浴び続けると頭部の温度が上昇し、脳の機能不全につながってしまうこともございます。
こういったことを防ぐことは、暑い日にゴルフを楽しむための必須事項ですので、しっかりと予防をしていただければと思います。
予防法は、水分補給をこまめに行う(水だけでなく塩分や糖分も補う)、帽子をかぶったり日陰に入るなどして、できるだけ直射日光を浴びないように工夫をいたしましょう。


●池にはまらないように

ゴルフ場の池にはまらないように気をつけよう!ゴルフ場には池がございます。この池は、管理のしやすさから底や周辺にゴムマットを使っているところがあり、そういった場合には、思っている以上に滑りやすく、池に転落してしまうこともございます。ゴムマットは滑るために立ちにくく、池に落ちたあと、立てずに溺れてしまうということも無いとはいえません。ですので、危険な池にはあまり近づかないように致しましょう。


●崖から転落しないように

ゴルフ場の崖には近づかないように ゴルフコースは自然を活かした状態でつくられていることが多いため、コース内に急激な崖などがある場合がございます。もしボールが崖の下の落ちたとしても、危険ですので取りに行ったりしないようにしてください。”これくらい大丈夫だろう”と思って崖を降り始めると、地盤が

弱く下まで滑り落ちる可能性もございます。個人の事故は本人のみならず、周りのプレーヤーにも迷惑になりますので、崖下にボールが落ちた際は諦めて、プレーを継続いただければと思いいます。

●蛇やハチ、小動物にも気をつけよう

ゴルフ場では虫や動物に気をつけよう!ゴルフ場は、自然の中に造られていますので、昆虫や動物なども沢山おります。通常プレーする範囲にはあまり危険はありませんが、草が刈られていない茂みなどには、蛇やハチなどがいる場合もございます。ですので、あまり人の手が加えられていない箇所にボールが飛んでいった際には、”危険な生き物がいるかも”という意識を持ち、注意深く行動していただければと思います。藪にボールが入った際に、蛇などに噛まれたりすることがあります。
※藪や茂みにボールが入ってしまったら、手でボールは捜さず、必ずクラブの先で茂みをかき分けるようにしてください。
※当スクールでは、練習中に生徒様が蜂や虫などに噛まれた場合を想定し、インストラクターが毒液・毒針吸引器(インセクトポイズンリムーバー)を携行しております。
→ インセクトポイズンリムーバーの説明はこちら

■打ちっぱなし練習場での事故■

●素振りの際、他の人に当てないように気をつけよう

スイング時にクラブを他人に当ててしまう事故は、ボールを打つ際よりも素振りの時に多く発生致します。 打ちっぱなし練習場は場所が狭いですので、必ず横の人の動きを確認して、距離感を保って素振りなどの練習を行うように致しましょう。 万が一事故になった場合は、必ずゴルフ場や練習場にその旨を伝えて、「事故報告書」を作成してもらってください(報告書作成により、相手の連絡先もわかりますので、保険を使うこともできるようになります)。


●2階や3階打席の際は落下に気をつけよう

2階打席は落ちないように!2階や3階で練習する際は、転落しないように気をつけましょう。転がってしまったボールを取りに行ったら誤って2階から落ちてしまった、熱中症でふらふらしていたら2階から落ちかけたなど、こういった事故は稀ではありますが、絶対に起こらないとはいえないものです。
2階以上の打席で練習をする際には、前に行き過ぎることなく、安全な位置を確保して練習をしていただければと思います。


●打席から前に出ていかないように気をつけよう

打席から前に行かないように!クラブがスッポ抜けたりして、誤って前に飛ばしてしまった場合には、無断で取りに行ったりしないようにしましょう。練習場では、多くの人がショットをしているため、その中に入っていくのは危険度がとても高いです。
もし、前方に行かなくてはいけないケースが出てきましたら、必ず練習場に申し出て、放送を流してもらってから取りに行くようにしていただければと思います。
ボールが当たった際、打撲では済まず失明する危険もございます。
誰も責任を負ってくれませんので、安全・マナーはきちんと守りましょう。

他にも色々と注意すべき点はありますが、事故が起こらないように注意しながら楽しみましょう!!

初心者向けゴルフレッスン・無料体験レッスンのお申し込み