第6回☆スイングに大切な要素のプレーン☆ワンストップゴルフ大正校(まっち)

【近況】

梅雨のジメジメな時期がついに終わって

これから楽しい季節がやってきたな~と思っていました。

ゴルフも上手くなりたいですし、他の趣味もあり

コロナ対策をしつつ楽しんでいきたいなと思う今日この頃です(*^^*)

【座学】

今回は、スイングプレーンについて学びました。

・スイングプレーンは、ボールと両腕を結んだ仮想の平面とのこと

・スイング中は、プレーンが常に平面でならないといけない

クラブが、平面をはずれると軸がずれている証拠だそうなので

理論的には理解はしましたが、習得するのはなかなかむずかしそうだなと思いました。

【実技】

今回からボールをピンに乗せた状態からではなく、手前に置いて打ちました。

7番とPを使いましたが、今までの感覚とは違い少しむずかしく感じました。

ボールの先の芝をこするようなイメージでと教わり

それを意識すると、Pでのスイングは安定できるようになった気がしました。

スイングプレーンも意識しつつ、素振りをして芝のこすれる場所を確認したり、

今までのようにただ言われたように打つだけでなく、

自分で確認しながらできたのでちょっと成長したかも…と思いました。

ただ、ボールを当てたいという気持ちが出たりすると、スイングプレーンが

平面からずれてしまったり、ボールより手前の芝をこすったりしてしまうので

感覚を掴めるように練習あるのみだなと思いました。

【本日の感想、今後の目標】

ボールを置いて打つことは、実際に回る時の実践ぽくて今までより少しレベルアップした感じがしました。

「ボールの先の芝をこするイメージ」

この意識を忘れないようにして、次回もできるようにしたいと思いました。

早くコース回りたいな~という気持ちによりなりました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■ワンストップゴルフ公式サイト(スマホ版)
■ワンストップゴルフ公式サイト(PC版)
■無料体験申込(電話):℡050-5213-3215(9-18時)
■無料体験申込(LINE):LINE公式アカウント(24時間受付中)